神社ブログ

筆者自身がお詣りした経験のある、
日本各地の神社を画像中心に投稿。

広島市

新天地紅桃花稲荷大明神 広島県広島市

IMG_1007

IMG_1008

IMG_1009

広島県広島市中区新天地



江戸時代に般舟寺の知譽龍潮大僧正が、
般舟寺の守護神として、
豊川稲荷から分霊を勧請したのが始まりと言われている。

大正9年 1920年には、
旧新天地商店街の商売繁盛守護神として、
旧商店街の中心部に建てられた。

昭和20年 1945年の原子爆弾により、
社殿は焼失してしまったが、
ご神体は疎開して無事だった。

新天地公園の一角にある小さな神社だが、
とても綺麗にされていて、
周辺の方々が大事な存在である事がわかった。
周辺は飲み屋街で夜は艶やかな雰囲気になるだろう。

住吉神社 広島県広島市

IMG_1093

IMG_1095

IMG_1096

IMG_1097

IMG_1098

広島県広島市中区住吉町



御祭神は表筒男命 中筒男命 底筒男命
大国主命 事代主命の5柱。

創建年は享保18年 1733年。
寛政10年 1798年に大火があり、
社殿が全て失われた訳では無かったが、
煙や煤でダメージを受けたのを機に、
寛政11年 1799年現在地に遷座したとの事。

昭和20年 1945年8月6日の原爆被害で社殿は焼失したが、
松が焼かれながらも生き残り、
現在でもその姿を見る事ができる。

旧太田側がすぐ横を流れていて、
独特の雰囲気がある。

幸福稲荷神社 広島県広島市西区

IMG_1169

IMG_1172

IMG_1173

IMG_1174

IMG_1170

広島県広島市西区草津本町



御祭神は宇迦之御魂命。

創建年は建徳3年 1373年。
地域の人の信仰も篤く、
毛利氏 浅野氏と領主が変わっていく中で、
明治維新後も廃される事なく残った。

IMG_1171

1945年8月6日の原爆にも耐え、
被爆建物としての表示がある。

広島電鉄宮島線 草津駅から徒歩5分前後の位置。
地域の方以外はあまりお詣りする事は無い雰囲気。
東京人がお詣りするのは珍しい事だろう。

黄魂彦神社

DSCN0680

DSCN0681

DSCN0682

DSCN0683

DSCN0684

DSCN0685

DSCN0686

DSCN0688

広島県広島市西区観音新町



御祭神は宇迦之御魂神 埴安彦神 国底立神。

創建年は文政元年 1818年。

元々この辺りは毛利家から始まる干拓地で、
昭和の頭に大体今の形になったとの事。

敷地内には公園があって、
地域の方憩いの場なのだろうなと言う印象を受けた。

城北駅から歩いてきて、
少し疲れた私の良い休憩ポイントになった。

阿刀明神社

IMG_1256

IMG_1259

IMG_1260

IMG_1264

IMG_1262

IMG_1258

IMG_1261

広島県広島市安佐南区沼田町阿戸



広島県に行った時、
地図を見ていたらよさげな場所に神社が存在し、
これはぜひと思ってお詣りしてきた。

御祭神は宇麻志麻遅命 天照大神
市杵島姫命 
湍津姫神 田心姫神。

創建年は天保8年 1837年との事。

境内は広く、木々に囲まれ実に良い雰囲気だった。
お詣りした時は私の他に人はおらず、
木々に抱かれているような気にさえなった。

ちなみに社叢は広島市の文化財 
天然記念物として登録されている。




記事検索
カテゴリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ