神社ブログ

筆者自身がお詣りした経験のある、
日本各地の神社を画像中心に投稿。

広島県

新天地紅桃花稲荷大明神 広島県広島市

IMG_1007

IMG_1008

IMG_1009

広島県広島市中区新天地



江戸時代に般舟寺の知譽龍潮大僧正が、
般舟寺の守護神として、
豊川稲荷から分霊を勧請したのが始まりと言われている。

大正9年 1920年には、
旧新天地商店街の商売繁盛守護神として、
旧商店街の中心部に建てられた。

昭和20年 1945年の原子爆弾により、
社殿は焼失してしまったが、
ご神体は疎開して無事だった。

新天地公園の一角にある小さな神社だが、
とても綺麗にされていて、
周辺の方々が大事な存在である事がわかった。
周辺は飲み屋街で夜は艶やかな雰囲気になるだろう。

住吉神社 広島県広島市

IMG_1093

IMG_1095

IMG_1096

IMG_1097

IMG_1098

広島県広島市中区住吉町



御祭神は表筒男命 中筒男命 底筒男命
大国主命 事代主命の5柱。

創建年は享保18年 1733年。
寛政10年 1798年に大火があり、
社殿が全て失われた訳では無かったが、
煙や煤でダメージを受けたのを機に、
寛政11年 1799年現在地に遷座したとの事。

昭和20年 1945年8月6日の原爆被害で社殿は焼失したが、
松が焼かれながらも生き残り、
現在でもその姿を見る事ができる。

旧太田側がすぐ横を流れていて、
独特の雰囲気がある。

大歳神社 広島県大竹市

IMG_6304

IMG_6305

IMG_6307

IMG_6308

IMG_6309

IMG_6310

IMG_6311

IMG_6312

広島県大竹市黒川 3-55-4



御祭神や創建年は不明。

JR西日本 山陽本線の玖波駅から、
徒歩20分前後かかる位置にあり、
余り地域の方以外が行くような場所ではない。

玖波駅から歩いて行くと、
途中トンネルをくぐって、
広島岩国道路の反対側に出る必要がある。

境内に行くには少し長めの階段を上る必要があり、
高齢の方、体の不自由な方にはきついかもしれない。

境内はとても綺麗にされていて、
お詣りするとスッキリした気持ちになれる。
地域の方々との強い結びつきを感じた。

幸福稲荷神社 広島県広島市西区

IMG_1169

IMG_1172

IMG_1173

IMG_1174

IMG_1170

広島県広島市西区草津本町



御祭神は宇迦之御魂命。

創建年は建徳3年 1373年。
地域の人の信仰も篤く、
毛利氏 浅野氏と領主が変わっていく中で、
明治維新後も廃される事なく残った。

IMG_1171

1945年8月6日の原爆にも耐え、
被爆建物としての表示がある。

広島電鉄宮島線 草津駅から徒歩5分前後の位置。
地域の方以外はあまりお詣りする事は無い雰囲気。
東京人がお詣りするのは珍しい事だろう。

杉之浦神社 広島県宮島の神社

IMG_6231

IMG_6225

IMG_6226

IMG_6229

IMG_6227

広島県廿日市市宮島町杉之浦



宮島にフェリーで渡った観光客は、
殆どの人が右側に向かって歩いて行く。
厳島神社を参拝する為だ。
杉之浦神社はフェリー乗り場から左側に向かって、
30分弱位歩いて行くと見えてくる。

迷う事は無い、わかり易い道だが、
アップダウンがあるから少し疲れるかも。
私は真夏にお詣りしてしまったから、
暑さに負けるかと思った。

御祭神は底津少童命。

7つある末社を回る御島廻式の最初がこの神社。

記事検索
カテゴリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ