神社ブログ

筆者自身がお詣りした経験のある、
日本各地の神社を画像中心に投稿。

千代田区

金山神社 東京都千代田区岩本町


東京IMG_7282

IMG_7280

IMG_7279

IMG_7281
都千代田区岩本町



御祭神は金山彦命 金山姫命。

東京金物同業組合が、
昭和の初頭に創建したのが始まり。
戦災に遭い、しばらく済田区岩本町
御祭神は金山彦命 金山姫命。

東京金物同業組合が、
昭和の初頭に創建したのが始まり。
戦災に遭い、しばらく祭祀等は中断されていたが、
昭和29年 1954年に復活。
現在に至っている。

昭和通から少し入った、
3方をビルに囲まれた所にある。
土日などあまり人が多くない場所だからお詣りがし易い。

草分稲荷神社 東京都千代田区神田佐久間町

DSCN3931

DSCN3933

DSCN3934

DSCN3935

DSCN3936

DSCN3937

DSCN3932

東京都千代田神田佐久間町3丁目



元は板倉主計頭の邸内で祀られていた神社で、
大切にされていた。
維新後は町内の人達が管理しつつ、
昭和36年 1961年に現在地に遷座された。
地域の方々が存在を守った神社と言えるだろう。
小さな神社だが、今でも綺麗にされている。

御祭神は宇迦之御魂命。

佐久間町公園の北東一角にあり、
秋葉原駅から高架沿いに歩いて5分前後。
浅草橋駅の西口から歩いても同じ位。

金綱稲荷神社

IMG_2271

IMG_2272

IMG_2273

IMG_2274

IMG_2275

IMG_2276

東京都千代田区神田和泉町



珍しい社名の由来は、
夢で神霊から黄金の綱を授けると言われた為、
金綱としたようだ。

日本通運の祖とされる、
飛脚問屋の京屋弥兵衛により、
京都伏見稲荷より勧請された。
神社の右隣には日本通運の建物がある。

敷地面積はかなり小さく、
鳥居が並んでいる為、自由になる空間も少ないが、
境内は綺麗にされ、大切にされている事がわかる。

繁栄お玉稲荷大明神

IMG_2437

IMG_2438

IMG_2439

IMG_2440

IMG_2441

東京都千代田区岩本町2丁目



水天宮通りから細い道を入った所にあり、
目立たない為、存在に気づいていない人もいるだろう。

御祭神は不明。
創建年も詳しい事は不明ではあるが、
太田道灌が崇敬したと言う記録があったり、
寛正元年 1460年に足利義政公が祈願した記録がある為、
15世紀には存在したのでないかと言われている。

現在では全くその面影は残っていないが、
この辺りには桜ヶ池と言う大きな池があり、
不忍池よりも大きかったなどと言う説もある。
池の畔にあった茶屋の娘お玉が身投げをした後、
この池をお玉が池と呼ぶようになったとの事。

お玉が池と言うと、
北辰一刀流の道場 玄武館を思い出す。
幕末を題材にした小説等を読むとよく登場する。

延壽稲荷神社

IMG_8812

IMG_8813

IMG_8814

IMG_8815

IMG_8817

IMG_8818

東京都千代田区神田淡路町2丁目



御祭神・創建年は不明。

初代越前大野藩主であった、
土井能登守利房の下屋敷があった場所で、
屋敷神として祀られていたのだろう。
その後明治になり土井家の屋敷は移転したが、
そのまま残ったと言われている。
昭和初期の区画整理で社殿が失われると、
疫病等が流行した為、
融資が越前大野まで行き再びこの地に勧請した。

ものすごく小さな神社。
敷地も社殿も極小と言った感じだが、
境内にドーンと存在している御神木だと思うが、
木がものすごい存在感である。
記事検索
カテゴリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ