神社ブログ

筆者自身がお詣りした経験のある、
日本各地の神社を画像中心に投稿。

東京都

穴守稲荷神社 東京都大田区

PXL_20201031_021557808

PXL_20201031_021734498

PXL_20201031_021741114

PXL_20201031_021756188

PXL_20201031_021804592

PXL_20201031_021818462

PXL_20201031_021929596

東京都大田区羽田5丁目



御祭神は豊受姫命。

創建年は文化元年 1804年と言われている。

戦後GHQによる羽田空港拡張により、
元々鎮座していた地が接収され、
穴森稲荷駅周辺住民の寄進により、
現在地に遷座している。

東京に23区内にしては敷地面積が大きく、
周辺にあまり大きな建物が無いからか、
開放感があって、境内にいるだけで心がスッとする。
綺麗に清掃されていて心地良い。

京浜急行空港線 穴守稲荷駅から徒歩5分程度。

奥氷川神社 東京都西多摩郡奥多摩町

DSCN3720

DSCN3719

DSCN3718

DSCN3717

DSCN3716

東京都西多摩郡奥多摩町氷川



御祭神は素戔嗚尊 奇稲田姫命。

創建年は日本武尊の東征に遡るが、
記録上は貞観2年 860年と言われている。

JR東日本 青梅線の終着駅である、
奥多摩駅から徒歩5分程度の位置にある。
駅を出たらバスセンターを正面に左に向かって歩き、
国道411号線 青梅街道を渡るとある。

周囲は大きな杉の木に囲まれていて、
独特の雰囲気が漂っている。

芭蕉稲荷神社 東京都江東区

PXL_20201028_062550742


PXL_20201028_062627749

PXL_20201028_062633732

PXL_20201028_062641401

東京都江東区常盤



御祭神は不明。

創建年は大正6年 1917年に起こった津波以後。
津波後に松尾芭蕉が愛した石造りの蛙が発見され、
地域住民が動き創建されたと言われている。

小名木川に架かる万年橋の北側にあり、
橋を渡ると見えてくる。
小さな神社ではあるが、
土日は参拝している人の姿をよく見る。

富士浅間神社(本富士) 東京都文京区

IMG_6721

IMG_6722

IMG_6723

IMG_6724

IMG_6725


東京都文京区本郷7丁目



春日通り沿い。

御祭神は木花咲耶姫命。

元々この地には椿山と言った小さな山があった。
椿山は富士山・藤塚などと呼ばれ、
浅間神社の神を勧請し、大切な存在であった。
後に駒込へと遷座した事もあり、
この辺りを本富士町と呼ぶようになった。

小さな社ではあるが、
地域の方が大事にしているのが伝わって来た。
敷地内には砂場とベンチがあって、
地域の子供たちが遊ぶ場所としても使われているようだ。

気象神社 東京都杉並区高円寺南

PXL_20201024_021010359

PXL_20201024_021022327

PXL_20201024_021029195

PXL_20201024_021122651

PXL_20201024_021018744

PXL_20201024_021109188

東京都杉並区高円寺南4丁目



氷川神社の境内社。

御祭神は八意思兼命。

旧陸軍気象部の敷地内にあった。
創建年は昭和19年 1944年。
戦後の昭和23年 1948年 現在地に遷座した。

とても小さな社ではあるが、
参道も含め綺麗にされていて、
お詣りしていて気持ちがよかった。

気象に関する神社は唯一で、
気象予報士 気象予報士を目指す人たちは、
ここに来てお詣りする人が多いみたいだ。

高円寺駅から徒歩で5分前後の位置。
記事検索
カテゴリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ