神社ブログ

筆者自身がお詣りした経験のある、
日本各地の神社を画像中心に投稿。

港区

車町稲荷神社

IMG_0848

IMG_0849

IMG_0850

IMG_0851

IMG_0853

IMG_0852

IMG_0854

東京都港区高輪2丁目



御祭神や創建年などの情報は不明。

第一京浜沿いの、泉岳寺交差点角にある。
2階建ての2階が社殿になっている。

墓が泉岳寺にある為、
ここはよく通る場所なのだが、
昔は2階建てでは無かった気がする。

見上げると気づく神社だと思う。
もしかすると近くを通っているのに、
存在に気づいていない人はいるかもしれない。

広尾稲荷神社(廣尾稲荷神社)

IMG_0882

IMG_0869

IMG_0871

IMG_0872

IMG_0879

IMG_0874

東京都港区南麻布4丁目



御祭神は倉稲魂神。

創建年は慶長年間 1596年~1615年で、
2代将軍徳川秀忠が鷹狩りの際にこの地に寄り、
稲荷社を勧請したと伝えられている。

IMG_0878

有形文化財として、
拝殿天上に描かれている、
高橋一由による天井墨龍図は迫力があって見事。

有栖川宮記念公園が近くにある落ち着いた場所で、
周辺を散策しながらお詣りするのが良いと思う。

天井墨龍図の他にも庚申塔が史跡として有名。

虎ノ門金刀比羅宮

IMG_20200705_101951

IMG_20200705_101958

IMG_20200705_102133

IMG_20200705_102147

IMG_20200705_102151

IMG_20200705_102217

IMG_20200705_102128

IMG_20200705_101935

東京都港区虎ノ門1丁目



御祭神は大物主神 崇神天皇。

創建年は万治3年 1660年で、
讃岐国 丸亀藩主だった京極高知が、
江戸屋敷の邸内社として本国から勧請した。
その後、延宝7年 1679年虎ノ門に遷座した。
戦災で焼失してしまったが、
昭和26年 1951年 伊藤忠太の設計で再建され、
今日に至っている。

東京都選定歴史的建造物。

東京の神社っぽい。
虎ノ門金刀比羅タワーの一角にあり、
ビルに囲まれたような感じになっている。
東京の神社は木の代わりにビルが守ってくれているかのよう。
休日にお詣りすると静かで心が落ち着く。

コッホ・北里神社

IMG_0840

IMG_0841

東京都港区白金5丁目



北里大学北里研究所病院の敷地内にある。

御祭神は明記されていなかったが、
ローベルト・コッホと北里柴三郎になるのだろう。

明治43年 1910年、
師であるコッホの訃報に悲しんだ北里は、
遺髪をご神体として祠を建てた(コッホ祠)。
その後、昭和6年 1931年に北里が亡くなると、
門下生達がコッホ祠の傍らに北里を祀った(北里祠)。
昭和20年 1945年 戦災で北里祠は焼失したが、
運よくコッホ祠は残った為、北里祠を合祀する事に決めた。
平成18年 2006年に北里柴三郎没後七十五年記念時事業として、
祠堂の修復と覆屋の修理を行い、
現在の姿になったと言うのが経緯である。

私がお詣りした時も、何人かがお詣りしていた。


十番稲荷神社

IMG_8193

IMG_8194

IMG_8195

IMG_8196

IMG_8198

IMG_8200

東京都港区麻布十番1丁目



御祭神は倉稲魂命 日本武尊
市杵島姫命 田心姫命 湍津姫命。

創建年は昭和25年 1950年ではあるが、
元々は2つの神社の合祀で当神社ができた。
末広神社と竹長稲荷神社である。

環状三号線沿いにあり、
前を通った人がお詣りしていく姿を見る。
社殿までは短いが少し急な階段があり、
足の不自由な方 高齢の方は気を付けた方がいい。
特に下りは。

都営地下鉄大江戸線の麻布十番駅
7番出口からすぐの所にある。
記事検索
カテゴリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ